おすすめCADフリーソフト TOP
おすすめ CAD フリーソフト の ダウンロード
電気設備配線図用のシンボル集、
電気設備記号
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
osusume 水道 CAD osusume 電設 CAD osusume 空調 CAD
osusume 建築記号 電気設備 フリーソフト
◆ 電気 CAD つづき ページへ
電気設備配線図用のシンボル集、電気設備記号のCADフリーソフト/
電気設備CADシンボル寸法基準に準じた電気設備図記号です。各種初期設定データ集、電設シリーズのシンボル部品表、電気図面用のシンボルの使い方マニュアル、電気設備工事専用の特記仕様書、電気回路記号データ、電気引出し線・電線記入、電気配線データなど。
スポンサーリンク
電気設備シンボル集、電気設備記号  CAD  フリーソフト
電設シンボルIII
○ ダイナミックブロックで作成した、電気施工図用のシンボル集です。

○ ひとつの部品が、いろいろと変化します。 DXF対応版です。
denzuq_for_icad

おすすめ CAD
フリーソフトの人気順位
○ IntelliCAD用の電気設備図記号(dwgファイル)です。

○ 電気設備CADシンボル寸法基準(日本電設工業協会発行)に準じています。
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
Hos.CAD 電設シンボル・データ集
○ 電気設備配線図用シンボル・各種初期設定データ集です。

○ 実践的な操作説明書も提供(国交省営繕要綱準拠)しています。

○ 登録済みのシンボルは1/50縮尺用と1/100縮尺用の2種類です。

○ 作業効率を高める特殊ツールボタンがあります。

○ 線種、図面テンプレートなどの データを同時に提供しています。
電設シンボル (2k)
○ 電設シリーズ シンボル(部品表)の2000(LT)版です。 JIS C 0303 に準拠。

○ 電気図面用のシンボルの使い方のマニュアルにもなっています。

○ 社内などの新人教育にも使えます。
スポンサーリンク

おすすめ CAD senmon
電気設備特記仕様書 for jw_win
○ 電気設備工事専用の特記仕様書です。

○ サンプルでは、記載していない部分があります。
回路図エディタ 電子回路図
歯車歯形 機械 CAD
電気 回路記号・他 op4データ
CAM・カム ボルトはめあい
○ BeDraw+BeOPT用 電気 回路記号・他 op4データです。
建築記号 特記仕様書
木造建築 サッシ・タイル割
電気 配線 op4データ
水道 CAD 電設 CAD
○ BeDraw+BeOPT用 電気 配線 op4データです。
鉄骨 CAD 仮設足場
空調 CAD 電線TXTデータ + TXT切り替えランチャ
測量 CAD 等高線 ○ BeDraw+BeOPT用 BeDraw用 電線TXTデータ+TXT切り替えランチャです。

○ 電気引出し線・電線記入OP4と組み合わせれば便利です。
クロソイド 座標変換
ファイル変換 エクセル図形
電気設備 cad-data.com
電気設備のフリーCADデータがあります。検索から多数のアイテムを表示できます。

おすすめ CAD データ
電気工事 図面と写真 Google
電気工事の図面、写真、イラストが、見れます。
検索から多数のアイテムを表示できます。
建設機械 1 建設機械 2
人物 CAD 車 CAD
樹木 CAD ◆ 電気 CAD つづき ページへ
工事看板 防護柵
ガードレール 擁壁 CAD
グレーチング コルゲート
重圧管 エキスパンドメタル
鋼材 CAD 鋼矢板
アンカー 車両軌跡
路面標示 交通標識
建築標準図 建築パース
建具 CAD 家具 CAD
配管記号 電気シンボル

厳選 CAD フリーソフト
■ おすすめ CAD フリーソフト
2D汎用 01 2D汎用 02
3D CAD 3D 機械
3D 建築 3D 設備
3D有料 01 3D有料 02
3D CG 01 3D CG 02
■ 電気の引込みと受電設備について

 電気の引込み方法については、電気は通常、電柱から引込線で建物へ引き込まれます。引込線とは一般に軒先等にある引込線取付点までを指し、その先は引込口配線を経て屋内配線となります。現在利用されている住宅用幹線の引込み方法は表の通りです。前面道路から建物まで距離があったり、デザイン的に軒先に引込線を設けたくない場合には、敷地の道路脇に引込柱を建て、その頂部で引込線を受け、配線は引込柱内部に通し土中で建物内の分電盤に導く方法もあります。その際、引込柱にボックスを設け、その中に電力量計を設置することが多くなっています。

 単相3編式と単相2線式については、住宅で使用される電気は特別な動力設備がないかぎり、単相100Vと200Vに限られています。100V電源は照明電源をはじめ各種の電気器具に利用されるコンセント類に利用されますが、200V電源は食器洗浄機、洗濯機、エアコン等、最近では電磁調理器などに利用されます。負荷側の電源へ100Vだけでなく200Vが使われるようになってからは、住宅の受電は単相3線式が主流になってきていますが、深夜電力の利用機器には単相200Vの引込みも利用されています。単相3線式は、3本の電線のうち、真ん中の接地線、アース線と、上または下の電圧線を利用すれば100V、接地線以外の上と下の電圧線を利用すると200Vが利用できます。また回路を多くつくれるため、将来的に契約アンペアを大きくすることも容易です。単相2線式は電圧線と接地線を利用するだけなので100Vしか使えません。とくに外国製の電化製品を利用する場合は100Vでは使えないことが多いので、単相 3線式を引き込んでおくことも多くなっています。

 電力量計については、電気の使用量を計る電力量計は、中の円盤の回転によって使用量が分かる一般電力量計(誘導型)と電子式の時間帯別電灯用電力量計の2つがあります。電力量計は法令に基づいて5〜10年に一度交換を行うために、一般には屋外の軒下等に設置します。専用のメーターボックス内に設置する際は、計量が容易にでき、かつ容易に交換できる場所でなければなりません。
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
− END −