おすすめCADフリーソフト TOP
おすすめ CAD フリーデータ の ダウンロード
車両軌跡図、
トラック・セミトレーラの車両旋回軌跡
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
osusume 車両軌跡図 osusume 路面標示 osusume 交通標識
osusume 建設機械 1 osusume 車 CAD osusume ガードレール
道路設計 フリーソフト
◆ 道路 CAD つづき ページへ
CAD フリーデータ/車両軌跡図、トラック・セミトレーラの車両旋回軌跡図、エクセル形式の走行軌跡図などのフリーソフト・CADデータが、ダウンロードできます。
スポンサーリンク
車両軌跡図  CAD フリーデータ
花見台自動車
エクセルでできる旋回軌跡図です。
エクセル形式で、トレーラの通行認可の旋回軌跡図を作成できるフリーソフトです。
AS-車の旋回軌跡
複数の車両種別や旋回方法に対応した車両走行軌跡図を作成するソフトです。
無料体験版があります。

おすすめ CAD
フリーソフトの人気順位
洋洋 EXCEL 車両旋回軌跡図
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
EXCEL車両旋回軌跡図は、エクセルでトラック・セミトレーラの旋回軌跡を作図します。
CivilWorks 車両軌跡図
トラック・セミトレーラの車両軌跡図・走行軌跡図をエクセル図形で描画・CADデータとして出力します。
スポンサーリンク
橋本 憲 車両軌跡図
車両軌跡を描画するソフトです。 道路縦断図・横断図の作成、河川縦断図・横断図の作成、下水道縦断作成ソフトなど。
交差点設計図化システム APS-C Win
エムティシーさんの、交差点設計に必要な車両旋回図を作成するソフトウェアです。
体験版が無料ダウンロードできます。
日野自動車

おすすめ CAD データ
トラック・バス、車両の外観図・旋回軌跡図のpdfファイルを、ダウンロードできます。
建設機械 1 建設機械 2
土木建材
人物 CAD 車 CAD
普通自動車・セミトレーラ連結車・小型自動車・4t積 貨物自動車なとの車両走行軌跡図が、ダウンロードできます。
樹木 CAD
工事看板 防護柵
軌跡 cad-data.com
ガードレール 擁壁 CAD
軌跡のフリーCADデータがあります。 検索から多数のアイテムを表示できます。
グレーチング コルゲート
重圧管 エキスパンドメタル 車両軌跡 図面と写真 Google
鋼材 CAD 鋼矢板 車両軌跡の図面、写真、イラストが、見れます。
検索から多数のアイテムを表示できます。
アンカー 車両軌跡
路面標示 交通標識 ◆ 道路 CAD つづき ページへ
建築標準図 建築パース
建具 CAD 家具 CAD
配管記号 電気シンボル

厳選 CAD フリーソフト
■ おすすめ CAD フリーソフト
2D汎用 01 2D汎用 02
3D CAD 3D 機械
3D 建築 3D 設備
3D有料 01 3D有料 02
3D CG 01 3D CG 02

おすすめ CAD senmon
回路図エディタ 電子回路図
歯車歯形 機械 CAD
CAM・カム ボルトはめあい
建築記号 特記仕様書
木造建築 サッシ・タイル割
水道 CAD 電設 CAD ■ 車の駆動力と走行装置、車両軌跡について

 クルマの車輪のことを走行装置といいますが、一般的にはタイヤとホイールと呼ばれます。走行装置はエンジンで発生した力を最終的に路面に伝えて、クルマを走らせる駆動力を発揮させます。駆動力が発揮されるためには、タイヤと路面の間に摩擦が必要です。摩擦というと不要なものというイメージが強く、実際、エンジン内の部品が動く際に大きな摩擦が発生すれば、エンジンの出力が奪われてしまいます。しかし、駆動力にとっては摩擦は不可欠なものです。例えば、氷の上でクルマを発進させようとしても、タイヤが空転するだけで、車両は軌跡を描いて進むことができません。これは氷とタイヤでは摩擦がほとんど発生しないためです。こうした摩擦には限界があり、路面やタイヤの状態によって変化します。滑りやすい路面と滑りにくい路面の違いは、この摩擦の限界の高さです。雪の上のように摩擦の限界が低い路面だと、小さな力で車輪を回転させても、摩擦の限界を超えて空転が起こってしまい、舗装路であれば同じ力で車輪を回転させても走ることができます。このように、車両は軌跡を描いて走行します。
 しかし、舗装路であっても非常に大きな力で車輪を回転させると、車輪が空転してしまいます。こうした空転をホイールスピンといいます。ちなみに、レースカーは発進の際にホイールスピンを起こすことがありますが、一瞬の後には走り出します。これはタイヤの状態が変化して摩擦の限界が高まるためです。ホイールスピン中にも路面との間にはわずかな摩擦が発生します。その摩擦熱によってタイヤのゴムが軟らかくなり、摩擦の限界が高くなるのです。車両軌跡や駆動力ばかりでなく、クルマを停止させたり曲がらせたりする力も、タイヤと路面との摩擦によって発生します。
 車両走行装置では摩擦が発生しやすいゴム製のタイヤが使われます。ゴムだけのタイヤだと、クルマを支えるのがむずかしくなります。硬くすると乗り心地が悪くなり、スムーズな車両軌跡を確保するため、空気入りタイヤが使われています。ゴム製のタイヤにドライブシャフトから直接回転を伝えると、ゴムと接触するシャフトのトルクが大きく、ゴムがたわんでしまいます。車両走行時の摩擦の限界を超えてシャフトが空転する可能性もあります。そこでシャフトとタイヤの間にホイールが配され、車両軌跡を描くことになります。金属製のホイールにはシャフトから確実にトルクを伝えることができます。こうすることでゴム製のタイヤとの接触面積が増えてトルクが弱くなるので、車両走行時の回転を確実にタイヤに伝えられるようになり、美しい車両軌跡が生まれます。
鉄骨 CAD 仮設足場
空調 CAD
測量 CAD 等高線
クロソイド 座標変換
ファイル変換 エクセル図形
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
− END −