おすすめCADフリーソフト TOP
おすすめ CAD フリーデータ の ダウンロード
自動車・車いす・自転車・バイクなど
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
osusume 人物 CAD osusume 車 CAD osusume 樹木 CAD
スポーツ&アウトドア
ランキング ★ バーゲン へ
osusume 建設機械 1 osusume 工事看板 osusume 車両軌跡図
建築設計 フリーソフト ◆ 車 CAD つづき ページへ
………………………………………………………………………………………………………
スポンサーリンク

おすすめ CAD データ
建設機械 1 建設機械 2
人物 CAD 車 CAD
樹木 CAD
工事看板 防護柵
ガードレール 擁壁 CAD
………………………………………………………………………………………………………
グレーチング コルゲート
重圧管 エキスパンドメタル
自動車 ・ 車いす ・ 自転車 ・ バイク  CAD フリーデータ
鋼材 CAD 鋼矢板
アンカー 車両軌跡 車の塗り絵・CADデータ
路面標示 交通標識 車の塗り絵とフリーのCADデータが無料ダウンロードできます。
車のCAD素材はJWWとDXFファイル形式、塗り絵はPDFファイル形式です。
建築標準図 建築パース
建具 CAD 家具 CAD 2D ダウンロード
配管記号 電気シンボル 車両データがダウンロードできます。
建設機械、乗用車、トラック、バイク、自転車など。
ハルス設計

おすすめ CAD
フリーソフトの人気順位
車・バイク・自転車などの建築用シンボル図形が多数あります。
他には、建築建具、ドア・サッシ、家具類、受変電設備、配管・配線類、衛生・設備機器、キッチン類など。
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
Jw Figures
車・トラック・人物・小物等のCADデータの提供ページです。
建築CADデータ
車、自転車、三輪車などの無料CADデータが、ダウンロードできます。
介護者+車いすなどバリアフリー設計の参考に使うことのできる無料のCADデータ集もあります。
Design House PANDAYA
自動車のCADデータがダウンロードできます。
フリーの人物、自動車、樹木等の添景素材・テクスチャー素材・背景素材が充実しています。
………………………………………………………………………………………………………
スポンサーリンク
………………………………………………………………………………………………………

厳選 CAD フリーソフト
鐵道CAD製作所
鉄道関係のCADデータが、ダウンロードできます。
機関車、電車、客車、貨車などのCADデータが、多数あります。
■ おすすめ CAD フリーソフト
2D汎用 01 2D汎用 02
中島工芸 3Dcg 車データ
3D CAD 3D 機械
パース用、3DCG車データです。
他には、バイク、自転車、植木、ファニチャー、ウッドデッキ・フェンス、アーチ・パーゴラ、物置、立水栓などのデータがダウンロードできます。
3D 建築 3D 設備
3D有料 01 3D有料 02
ads 車両のCADデータ
3D CG 01 3D CG 02
車両のCADデータをJWC型式で公開しています。JW_CADで利用可能です。
自動車 cad-data.com

おすすめ CAD senmon
自動車のフリーCADデータがあります。 検索から多数のアイテムを表示できます。
回路図エディタ 電子回路図
自動車 図面と写真 Google
歯車歯形 機械 CAD
自動車の図面、イラストが、見れます。 検索から多数のアイテムを表示できます。
CAM・カム ボルトはめあい
建築記号 特記仕様書
………………………………………………………………………………………………………
木造建築 サッシ・タイル割 スポンサーリンク
水道 CAD 電設 CAD
鉄骨 CAD 仮設足場
空調 CAD
測量 CAD 等高線
クロソイド 座標変換
ファイル変換 エクセル図形

受験 資格 フリーソフト
総合 TOP ページ ………………………………………………………………………………………………………
◆ 車 CAD つづき ページへ
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
添景CAD フリーデータ/自動車、車いす、自転車、バイク、車両、乗用車、トラック、オートバイなどの乗り物のCADフリーデータ、CAD素材が、ダウンロードできます。
■ 環境に優しい近未来の自動車について

 モーターを動力源とする自動車は、地球温暖化防止のために二酸化炭素排出量を削減する必要があるうえ、ガソリンなどの化石燃料は将来的には堀りつくされてしまう可能性があるため、近未来には電動モーターを動力源とする電気目動車、エレクトリックビークル、EVが主流になると予想されています。電気目動車には蓄電池のみを電源とするピュアEV、バッテリーE V、BEVのほか、ソーラーカーや燃料電池自動車、フューエルセルエレクトリックビークル、FCV、FCEVなどがあります。ハイブリッド自動車、特にシリーズ式のものは電気目動車に分類するという考え方もあります。太陽電池を電源とする電池自動車、ソーラーカーは、天気の悪い日や夜間は発電が行えないという弱点があるうえ、現状の太陽電池は発電能力が低いため、普通に使用される自動車への採用はむずかしいと考えられています。ただ、太陽電池がさまざまな電気自動車の電源をアシストするものとして使われる可能性は残されています。

 燃料電池自動車については、燃料電池とは通常の電池と同じように化学反応で電気を作り出すものですが、乾電池のように寿命があるわけでもなく、蓄電池のように充電の必要があるものでもありません。燃料を供給し続ければ、電気を作り続けることができます。発電機のような存在といえます。さまざまな燃料が考えられますが、現在では燃料として供給する水素と、空気中の酸素を利用する方式が中心になっています。水を電気分解すると水素と酸素が発生しますが、これとは逆の反応によって電気を作り出します。排出されるのは水であるため環境への影響がほとんどないと考えられています。燃料には水素のほかメタノールなどの水素を含むものが考えられています。

 電気自動車については、ピュアEVの実用化に向けては、高速充電を行うことが可能な充電施設を、現在のガソリンスタンドのように設けることも考えられますが、家庭の一般的な電源で充電できれば、充電施設が整わなくても普及が進みやすくなります。実際、ピュアEVはすでに実用化されていますが、蓄電池の重量や蓄えられる電気の量、充電時間などの問題があるため、近距離用の小型車が大半です。これらの問題があったため、電気目動車のなかではF CVが開発の中心になっていました。ところが、従来のクルマと同程度の能力や航続距離を実現できるうえ、充電も容易に行うことがでぎるリチウムイオン電池が開発されたため、再びピュアEVにも注目が集まっています。

■ シティ自転車とクロスバイクについて

 自転車の選定について、走る場所、オンロード、オフロードなど、用途を考慮して選定します。自転車の用途としては、買物、通学、通勤などに使用する実用自転車、ポタリング、サイクリング、旅行、曲乗りなどに使用する娯楽自転車、競技自転車などに分類されます。競技用の自転車にはそれぞれの規則があるので、それに適合するものを選びましょう。

 シティ自転車は、シティサイクル、軽快車、ママチャリとも呼ばれ、主に短距離の買物、通学、駅までの通勤、およびポタリングなどに使われる実用自転車です。女性が上管をまたいで乗れるよう、上管を後方に向かって下げた形が多いです。販売数は他の自転車に比べて圧倒的に多く、JISの名称は「シティ車」となっています。

 クロスバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクを合わせた自転車で、ハイブリッドバイクともいわれます。クロスは異種交配、雑種の意味です。シティ自転車、マウンテンバイクより軽く走ることができ、通勤などの街乗り、初心者のサイクリング、健康のための運動などに使われます。走りはロードバイクより重く、マウンテンバイクより軽くなります。自転車の乗車姿勢はロードバイクの前傾とマウンテンバイクの垂直、アップライトの中間的なものとなります。
………………………………………………………………………………………………………
おすすめCADフリーソフト TOP
− END −