おすすめCADフリーソフト TOP
おすすめ CAD フリーデータ の ダウンロード
建築設計の標準図、
建築ディティール・納まり図
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

業務を支援するサイト
osusume 建築標準図 osusume 建築パース 建築設計 フリーソフト
osusume 建具 CAD osusume 家具 CAD osusume 建設機械 1
日常の業務でお忙しい皆様を
支援するサイトたちです。
osusume 人物 CAD osusume 車 CAD osusume 樹木 CAD
〇 建設機械・添景 CADデータ
◆ 建築 CAD つづき ページへ
〇 設備仮設・家具 CADデータ
〇 技術計算のフリーソフト スポンサーリンク
〇 業界別のビジネスソフト
〇 使えるパーソナルソフト
〇 資格試験の出題予想と解答

おすすめ CAD
フリーソフトの人気順位
下の〔全画面表示〕ボタンから
すべての順位が確認できます
………………………………………………………………………………………………………
建築設計の標準図 ・ 建築ディティール  CAD フリーデータ
建築CAD部品集
建築関連のCAD部品集が多数、施工計画書・工事情報共有書類など。
仮設・地業・土工・コンクリート・型枠鉄筋・PC・躯体・屋根・外装・建具・天井・床・設備・外溝などのCAD部品集。
建築知識
建築内外装ディティール、納まりのCADデータが、ダウンロードできます。
建築CADデータ
建築設計標準図データ、設計寸法を検討する時に必要な寸法、車いす寸法などの無料CADデータが、ダウンロードできます。
静岡県建築士会志太支部
建築関連のCAD標準図集が多数、各種計算書の書式など多数。鉄筋コンクリート標準図、鉄骨標準図、特記仕様書、木造補強金物標準図、シックハウス対応申請書式、N値計算による接合金物等の選定、偏芯率の計算、報酬額計算シートなど。
大阪府建築士会
福祉のまちづくりの設計資料・CADデータ、建築関連情報など多数。

おすすめ CAD データ
スポンサーリンク
建設機械 1 建設機械 2
人物 CAD 車 CAD
樹木 CAD
工事看板 防護柵
ガードレール 擁壁 CAD
グレーチング コルゲート
重圧管 エキスパンドメタル
鋼材 CAD 鋼矢板
アンカー 車両軌跡
路面標示 交通標識
………………………………………………………………………………………………………
建築標準図 建築パース
建具 CAD 家具 CAD MUSASI.TV
配管記号 電気シンボル 福井コンピューターのデータダウンロードサイト。DXF、DWG、SF C、EMF、JPG、シンボルのCADデータ。図面表題欄、出来形管理票、AS温度管理帳票、媒体納品書、電子納品書式。図面表題欄などを国・都道府県別、発注者毎にパック化。
CADがある部屋

厳選 CAD フリーソフト
建築設計士のサイト。2×4ディテール集、神社建築図面集、日本庭園、鳥居などの CADデータ。
■ おすすめ CAD フリーソフト
建築 cad-data.com
2D汎用 01 2D汎用 02
建築のフリーCADデータがあります。 検索から多数のアイテムを表示できます。
3D CAD 3D 機械
3D 建築 3D 設備
建築納まり 図面と写真 Google
3D有料 01 3D有料 02
建築納まりの図面、写真、イラストが、見れます。
検索から多数のアイテムを表示できます。
3D CG 01 3D CG 02
スポンサーリンク

おすすめ CAD senmon
回路図エディタ 電子回路図
歯車歯形 機械 CAD
CAM・カム ボルトはめあい
建築記号 特記仕様書
木造建築 サッシ・タイル割
水道 CAD 電設 CAD
鉄骨 CAD 仮設足場
空調 CAD
測量 CAD 等高線
………………………………………………………………………………………………………
クロソイド 座標変換
◆ 建築 CAD つづき ページへ
ファイル変換 エクセル図形
CAD フリーデータ/建築設計のCAD標準図集、仮設・地業・土工・コンクリート・型枠鉄筋・躯体などの建築CAD部品集。建築内外装のディティール・納まり図、などのCADデータが、ダウンロードできます。

受験 資格 フリーソフト
■ 家を守ることから建築設計では屋根が重要です

 屋根は家を雨から守り、日差しをコントロールし、街並みや家を形づくる重要な要素です。屋根にはいろいろな形がありますが、よく目にするのは片流れや切り妻、寄棟でしょう。建築設計で、屋根を考えるときの、最も重要なポイントは、シンプルな形状にするということです。複雑な屋根は、その納まりも複雑になり、雨漏りの原因になります。工事費も割高になり、メンテナンスにも手間がかかります。屋根の材料と勾配・傾斜の関係もポイントになります。よく使われる材料には、瓦・和瓦・スレート瓦、板金・銅・ステンレス・ガルバリウム鋼板・亜鉛メッキカラー鉄板などがあります。雨の多い気候風土を考えると、どの材料も3/10勾配以上ほしいところです。瓦は4/10以上が必要です。緩やかな勾配にしてモダンに見せたいときは、長尺、流れ方向に繋ぎをつくらず一枚で納める板金葺きにすると良いでしょう。1/10でも大丈夫です。軒の出も重要です。軒のない建物は、洋風でモダンに見えます。しかし、日差しのコントロールや建物を雨から守るという意味では、必要に応じた長さの軒を出すべきでしょう。雨は上からだけでなく壁にも吹き付けます。基礎まわりが湿気るのも建物によくありません。屋根の形は、建物のイメージを元にプランや空間と同時に考えます。2階が1階にどのようにのっかっているか、プランがどうなっているかで、屋根の形は決まってしまうからです。屋根をシンプルにするには、プランもシンプルにすることです。屋根は、建物の高さや落とす影にも影響します。建築基準法では、道路斜線や北側斜線など、敷地の周囲から建物の大きさを制限しています。特に、北側斜線は隣家に大きな影響を与えるので、地域によっては建築基準法より厳しい条件を設けているところもあります。建築設計では、雨樋を含める指導がある場合でも、屋根の先端)が、この斜線に引っかからないよう計画しなければなりません。

■ 建築設計での壁・開ロ部の計画の大切さについて

 建築設計で、住宅を設計するにあたり、敷地に立ち、まず確認せねばならない重要なチェックポイントがあります。隣戸などとの関係をにらみ、良好な日照・採光・通風をいかにして得るか。敷地のどの方向に生かすべき眺望があるか。住戸のプライバシーに影響する隣戸の近接状況や接道状況。それらが住宅の配置、住宅内部の部屋の位置を決めていきます。こうして決定された全体、あるいは各部屋が意図通り、外部から日照・採光・通風を得、眺望をじょうずに確保し、外部からプライバシーを守る、そんな仕組みをつくる道具立てが外壁であり、開口部であるといえます。したがって、それぞれの開口部にはそうした機能を果たすべき、最適な位置・大きさ・形を注意深く与え、決定していくことがとても重要になってきます。

 建築設計の住宅で、敷地の南側にはほとんど庭が取れず、隣戸が迫り、1階への日照確保がむずかしく、北側も道路と近接するため居間・食堂を2階とする逆転プランを採用しました。2階南側の多目的室には日照と夏の南からの風を採り入れるため、間口いっぱいの掃き出し窓を設け、下の階に光を送ることのできるグレーチング床のバルコニーを設けました。食堂北側には団地の緑が広がっていたので、これを借景するために食卓の先端に団地からの視線に配慮して幅を絞った縦長の窓を設けています。食堂東側のやや大きい開口は街の街路樹の桜の木や、この先に遠望できる林を借景するために設けられました。1階の寝室や子供部屋には道路や隣地からの覗き込みを避けながら、各室とも対角線位置に光と通風のための縦長の開口を設けています。
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポーツ&アウトドア
ランキング ★ バーゲン へ
………………………………………………………………………………………………………
おすすめCADフリーソフト TOP
− END −